基幹理工学部 応用数理学科 2年 S.Nさん

基幹理工学部
応用数理学科 2年
S.Nさん

Rikoh-Girls01
基幹理工学研究科 表現工学専攻 修士 2年 S.Nさん

基幹理工学研究科
表現工学専攻
修士 2年
S.Nさん

Rikoh-Girls02
創造理工学部 総合機械工学科 4年 J.Mさん

創造理工学部
総合機械工学科
4年
J.Mさん

Rikoh-Girls03
創造理工学研究科 建設工学専攻 修士 1年 S.Sさん

創造理工学研究科
建設工学専攻
修士 1年
S.Sさん

Rikoh-Girls04
先進理工学部 応用物理学科 3年 Y.Oさん

先進理工学部
応用物理学科 3年
Y.Oさん

Rikoh-Girls05
先進理工学研究科 応用化学専攻 修士 1年 A.Kさん

先進理工学研究科
応用化学専攻
修士 1年
A.Kさん

Rikoh-Girls06
先進理工学部 応用物理学科 3年 Y.Oさん
ricoh-girl05

セミナー参加、自主ゼミの企画……新たな出会いが学びの意欲を高める!

先進理工学部
応用物理学科 3年
Y.Oさん

震災、原発…突然の災害が
将来を考える大きな契機に

ちょうど進路について考え始めた高校2年生の終わりに、東日本大震災に遭遇。もともと環境問題に関心があり、進むなら理工系だと思っていましたが、大学で原子力について学んだ父に原子力発電の仕組みを説明してもらったりする中で、物理学に興味を持つようになっていきました。そして、将来どんな分野に進んだとしても役立つ知識を幅広く学ぶことができる、応用物理学科への進学を決めました。
これまでの学生生活を振り返ってみて、たくさんの「出会い」が私を成長させてくれたと感じています。特に大きかったのは、同じ学科の友人たちと出会えたこと。1年次の冬、彼らと一緒に、全国の大学生が学年や分野を超えて交流する「数物セミナー」に参加しました。そこでの新たな出会いをきっかけに、学外の研究施設でのセミナーに

参加したり、教科書を輪読する自主ゼミを企画したりと、いろいろなことにチャレンジするようになりました。さまざまな経験を通じて、大学での授業や実験の意味について深く理解できるようになり、学ぶことがどんどん楽しくなっているところです。

環境やエネルギーを主軸に
研究の方向性を模索中

原子力発電への興味が物理学を学ぼうと思ったきっかけだったので、当初は原子や素粒子などに関心がありました。ですが、環境問題を扱うサークルでの活動や、修士課程で学ぶ先輩たちの話を聞くことを通じて幅が広がり、「環境やエネルギーに関係のあるものを研究対象にしたい」と考えるようになりました。多くの人たちに「生活が変わった」「以前よりも快適になった」と感じてもらえる……そんな研究成果を得ることができたら最高ですね。

ひとこと 地域活性や教育、食、ごみ問題など多彩なアプローチから環境を考えるサークルで活動しています。私が所属しているのは商品開発部門。iPhoneケースやブックカバーなどを製作し、大学生協などで販売しています。部門のリーダーとして、企業の担当者との折衝も経験しました。

先進理工学部 応用物理学科 3年 Y.Oさん
昨年度版はこちら

Copyright(C)
Waseda University All Rights Reserved.