基幹理工学部 応用数理学科 2年 S.Nさん

基幹理工学部
応用数理学科 2年
S.Nさん

Rikoh-Girls01
基幹理工学研究科 表現工学専攻 修士 2年 S.Nさん

基幹理工学研究科
表現工学専攻
修士 2年
S.Nさん

Rikoh-Girls02
創造理工学部 総合機械工学科 4年 J.Mさん

創造理工学部
総合機械工学科
4年
J.Mさん

Rikoh-Girls03
創造理工学研究科 建設工学専攻 修士 1年 S.Sさん

創造理工学研究科
建設工学専攻
修士 1年
S.Sさん

Rikoh-Girls04
先進理工学部 応用物理学科 3年 Y.Oさん

先進理工学部
応用物理学科 3年
Y.Oさん

Rikoh-Girls05
先進理工学研究科 応用化学専攻 修士 1年 A.Kさん

先進理工学研究科
応用化学専攻
修士 1年
A.Kさん

Rikoh-Girls06
基幹理工学研究科 表現工学専攻 修士 2年 S.Nさん
ricoh-girl02

ユーザーの生体情報を活用したまったく新しい家電の機能を開発中!

基幹理工学研究科
表現工学専攻 修士 2年
S.Nさん

体温をセンサーで察知して
室温を調節するエアコン!?

ユーザーの体温やその日のコンディションをセンサーで察知して、勝手に適温にしてくれるエアコンがあったらうれしいと思いませんか? 私の研究テーマは、「家電のインターフェースにおける生体情報の活用方法」。インターフェースとは、ユーザーとの「接点」を指す言葉で、冷蔵庫やレンジ、美容機器などの操作方法と考えてもらえばいいでしょう。このインターフェースがユーザーの体温や血圧、脈拍数などを計るセンサーを備えることで、新たなコミュニケーションが可能になると考えています。生体情報をうまく活用できれば、エアコンが面倒なリモコン操作から解放される日も近いかもしれません。

すべてのものが新しい
メディアの対象になる

高校時代、スターウォーズなどの作品を手がけるハリウッドのCG映像製作会社ILM(Industrial Light & Magic)の大ファンでした。私もメディア表現の世界で新しいものを創造したいと考え、高校卒業後は北京理工大学でメディアデザインを学びました。ただ、大学時代の研究はプログラミングが中心で、大学院ではデザインやインターフェースについて専門的に学びたいと考え、基幹理工学研究科の表現工学専攻を目指しました。
現在所属するメディアデザイン研究室の長幾朗先生との出会いは衝撃的でした。私は、メディアデザインとはWebデザインのことだと考えていましたが、先生から「すべてのものが新しいメディアの対象になる」と教わり、視野が画期的に広がりました。今はますます家電が面白いですね。野菜などの消費期限を教えてくれる「しゃべる冷蔵庫」があったら……などと考えるのが楽しくて仕方ありません!

ひとこと将来は家電のインタラクションデザイナーを目指しています。これは、言わばプロダクトデザイナーと専門技術者をつなぐ職業。北京理工大学で学んだプログラミングの知識と早稲田大学大学院で得たユーザーインターフェースのデザインノウハウを仕事で融合させたいですね。

基幹理工学研究科 情報理工学専攻 博士後期課程 2年 M.Sさん
昨年度版はこちら

Copyright(C)
Waseda University All Rights Reserved.