基幹理工学部 応用数理学科 2年 S.Nさん

基幹理工学部
応用数理学科 2年
S.Nさん

Rikoh-Girls01
基幹理工学研究科 表現工学専攻 修士 2年 S.Nさん

基幹理工学研究科
表現工学専攻
修士 2年
S.Nさん

Rikoh-Girls02
創造理工学部 総合機械工学科 4年 J.Mさん

創造理工学部
総合機械工学科
4年
J.Mさん

Rikoh-Girls03
創造理工学研究科 建設工学専攻 修士 1年 S.Sさん

創造理工学研究科
建設工学専攻
修士 1年
S.Sさん

Rikoh-Girls04
先進理工学部 応用物理学科 3年 Y.Oさん

先進理工学部
応用物理学科 3年
Y.Oさん

Rikoh-Girls05
先進理工学研究科 応用化学専攻 修士 1年 A.Kさん

先進理工学研究科
応用化学専攻
修士 1年
A.Kさん

Rikoh-Girls06
基幹理工学部 応用数理学科 2年 S.Nさん
ricoh_girl01

文系志望から、思い切って進路変更!数学の魅力と可能性を探っていきたい

基幹理工学部
応用数理学科 2年
S.Nさん

たまたま受けた模擬授業が
理工系進学のきっかけに

実は、もともと文系志望だった私。推理小説が好きだったせいか、法学や心理学などに関心を持っていました。転機になったのは、高校2年生のときに参加した、ある大学のオープンキャンパス。「せっかくだから理工系の話も」と思い、聞きに行った数学の模擬授業が、とても面白くて……。そこから、理工系に志望を変更。受験に必要な化学の授業を履修しておらず心配しましたが、高校の先生方のご厚意で課外授業を受けさせてもらうなどして乗り切りました。

授業や課題、教職課程も!
忙しくも充実した毎日です

基幹理工学部では、1年次に授業や実験を通じて基礎を学び、自分の適性や希望を見極めてから2年次に専門分野を決定できます。

私の場合、いろいろな授業を受ける中で、純粋数学ではなく「数学を利用して何ができるのか」という点に興味を持つようになり、応用数理学科を選びました。2年生になった現在は、代数学や多変数解析、人口の増減などを予測する「数理モデル」、プログラミングなどの授業を受けています。小テストや課題が出る授業が多く、さらに教職課程を受講していることもあって、かなり忙しい毎日です。3年生以降の研究内容は未定ですが、方向性を考えるヒントになっているのが「応用数理理論」。2週間ごとに先生が交代し、ご自身の研究テーマや研究室の活動内容などをお話ししてくださるとても興味深い授業です。
将来の夢は、数学の教員など「数学の楽しさを多くの人に伝える」仕事に就くこと。私がそうだったように、文系の人にも数学の魅力を理解してもらうことで、より豊かで楽しい社会をつくることができたらいいですね。

ひとこと 企業の経営論、芸術系の科目など、将来に役立つ授業や興味の幅を広げる授業が用意されている基幹理工学部。私が関心のある心理学に関する授業もたくさんあります。ストレスマネジメントや心理療法、それに依存症についてなど、内容もバラエティーに富んでいます。

基幹理工学部 応用数理学科 2年 S.Nさん
昨年度版はこちら

Copyright(C)
Waseda University All Rights Reserved.