早稲田大学理工学術院TOPページへ戻る 早稲田大学理工学術院TOPページへ戻る


先進理工学部・研究科


自然科学を基礎として、最先端の理学・工学・医学の融合領域まで、世界最高水準の研究・教育および社会への実践的な貢献を実行する先進的な学部・大学院です。
低学年時には各学科の基礎となる学問体系を着実に修得すると共に、高学年・大学院では学科・専攻の壁を越えた最新の学術分野に進む「先進融合クラスター制度」を導入し、各自の可能性にチャレンジしながら、幅広い分野でリーダーとして世界的に活躍できる研究者・技術者を養成します。
「先進融合クラスター」として、現在、「創薬科学」、「ナノマテリアル」、「システムインテグレーション・ロボティクス」、「エネルギー・環境」、「医工学」、「High QOL エンジニアリング」、「遺伝子機能と情報」、「細胞機能:計測と制御」などを設置しています。

先進理工学部・大学院先進理工学研究科を構成する学科と専攻
物理学科 応用物理学科 化学・生命化学科 応用化学科
さまざまな自然現象を理解するために不可欠な物理法則に関する研究・教育を展開。素粒子・原子核物理学・宇宙物理学・物性物理学・生物物理学といった科学技術の基礎となる分野を追究します。 物性物理学や複雑系の物理学・統計力学・応用数学、さらに計測・情報工学や光工学など、理学から工学にわたる幅広い領域をカバー。物理学を駆使し、科学技術を創造する力を養います。 物質の機能・構造を物質の根元である分子のレベルから解析し、理解します。新規機能性物質の開発など、実験・理論両面から追求します。生命現象もその根元である分子の立場から学びます。 セラミックス、プラスチックス、食品、医薬といった専門分野だけでなく、バイオ、生命、地球環境といった幅広い知識を学習。化学工学も学び、分子・物質を自在に操るスペシャリストをめざします。
生命医科学科 電気・情報生命工学科 生命理工学専攻
※2
ナノ理工学専攻
※2
医学と理工学に立脚した実学的教育・研究を通して、病気の解明や新しい医薬品・医療デバイス・治療方法の開発を行うことができる研究者を養成し、医工学分野での新たな学問領域を創出します。 電気・電子・情報・生命系のみならず、これらを融合する教育と先鋭的研究を展開。環境エネルギー、ナノテク、バイオ、システム・情報、医療工学など21世紀最も必要とされている分野の専門知識や技術を養います。 物理・化学、機械・電気・情報工学、生物学など、各基盤理工学分野の知識と技術を“生命”という視点から統合する教育・研究を行うことで、21世紀の社会的ニーズを先取りした人材を輩出する。 電気工学、化学、物理学、生命科学、物質工学、機械工学等の複数の学問をナノサイエンスという学際領域で有機的に結びつけ、ナノテクノロジーへ発展させる研究および教育を行っています。

※1 物理学科と応用物理学科の学部学生は、大学院では共に物理学及応用物理学専攻に進学可能です。
※2 生命理工学専攻・ナノ理工学専攻は、基幹、創造、先進各学部から進学できます。


●先進理工学部・研究科の教育課程

※クリックすると拡大します。


先進理工学部の特色
「物質」「生命」「システム」をキーワードに最先端の研究を展開。 多様な領域で新しい価値の創造に貢献できる人材を育てます。
先進理工学部では自然科学を基礎として「物質」「生命」「システム」をキーワードに先進的な研究・教育を展開。ナノテクノロジー、新エネルギー、環境、バイオテクノロジー、創薬など、時代の最先端を行く新領域のテーマに取り組みます。具体的には、1年次から学科ごとに専門分野を学習。それぞれの分野のスペシャリストに成長するための基礎知識をしっかりと身につけます。一方、学部共通のカリキュラムでは物理や化学、生命科学、数学、情報といった科目を学び、専門知識の修得を支える基礎学力を徹底して養います。また、国際的なフィールドで活躍するために不可欠な語学力や倫理、知的財産、技術政策といった教養の修得にも力を注ぎます。さらに本学部では大学院への進学を推奨しており、よりレベルの高い研究を通じて、さまざまな領域において新しい価値を創造できる研究者・技術者の育成をめざしています。なお、学部入試は、学科毎に募集しますが、理科パターン(物理・化学・生物から2科目選択)が同じであれば、第2志望学科を選択することができます。


大学院先進理工学研究科の特色
国内外の研究をリードする教員が揃う研究・教育環境。 世界の研究拠点として新しい科学技術の創成をめざします。
先進理工学研究科では、社会的貢献と新たな学問領域の開拓を目的に、物理学及応用物理学、化学・生命化学、応用化学、生命医科学、電気・情報生命、生命理工学、ナノ理工学の7つの専攻を設置。学部と密接に連携しながら、より高度な教育・研究を展開し、最先端領域で活躍できる人材の育成をめざしています。本研究科の所属教員は、これまでに高水準の学術的研究成果を社会に対して数多く発信してきました。また、文部科学省の21世紀COEプログラムやグローバルCOEプログラム、さらに文部科学省科学技術振興調整費戦略的研究拠点プログラムといった大規模な研究プロジェクトを遂行するなど、さまざまな分野において国内外の研究をリードしてきた実績があります。こうした研究・教育環境を基盤に、最高水準の研究拠点として、最先端テクノロジーやエンジニアリングの開発、新物質の創製などに関する高度な研究を推進しています。さらに欧米やアジアの大学との相互連携を積極的に進め、国際的な大学院としての地位の確立をめざしています。


先頭へ戻る